インターネット プロバイダ

勝吉暁大のきえいりそうな戦記

インターネットサービスプロバイダ情報をご紹介します。

WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、少

読了までの目安時間:約 7分

 

WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、少し他と違うのが3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。そう言う事で、3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全然異なります。

具体的には、3回線のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダには提供されていません。WiMAX端末の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線を扱えるものもあります。

au 4G LTEは人口対応率99%の通信回線で、広いエリアで利用出来ます。

合わせて、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので、奥まった部分にまで電波が届きます。

その代わりに、一回でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても通信制限が普通に適用されます。WiMAXを利用する時に、注意すべき速度制限が二つあります。

ひとつ目が、月間データ量による速度制限と言われている、7G制限と言われているものがあります。
ふたつめが、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものです。

ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除になります。

しかし、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。
WiMAXの通信に対応している専用端末があります。
次々と新しい端末が発売され、WiMAX端末のスペックは徐々に上がって行っています。
例を挙げれば、WiMAX端末にWiMAX回線以外のWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を使い分ける事が可能となりました。

他には、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入され、通信速度が倍に向上しました。

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが激しかったからです。

ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと言う機能が新たに搭載されました。
他にも、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策がしやすくなりました。WiMAXサービスの月額料金ですが、実際のところ、契約先によって料金が違います。例を挙げると、Broad WiMAXは最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が割引きされます。
これ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高額になります。

こんな感じで、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますから、それを分かった上で契約先を決めましょう。WiMAXを提供するプロバイダですが、幾つか存在します。

それぞれのプロバイダでキャンペーン特典が異なりますので、その部分は、気を付けましょう。たとえば、セキュリティーサービスの付いたWiMAXサービスを利用したいのであれば、So-netモバイル WiMAX 2+がマッチしたプロバイダと言う事になります。つまり、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、慎重に契約先は選ぶのが望ましいです。UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点が強みのWiMAX端末です。こんなに速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあります。

この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現可能にしている訳なのです。

しかしながら、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限りがあるので、選択可能なキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。WiMAXを使っていて思うメリットは、いくつかあります。

具体例を挙げると、無線のネット回線なので、任意の場所でインターネットを行なう事が可能です。二つ目が、無線のインターネット回線ですから、ネット開通に伴う工事は不要です。

更に、モバイル通信と言う事で、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。なお、通信の規制が厳しくないと言う部分も、WiMAXを選択する理由と言えます。WiMAX端末は、年々新しいものが発売されます。それぞれにより機能が異なり、スペックも異なります。

その中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場です。

このWiMAX端末はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。http://shaft.asia/

光回線を申請すると、モデムを借り

読了までの目安時間:約 6分

 

光回線を申請すると、モデムを借りる事となります。
このモデムのレンタル料はと言うと、毎月の料金に加算される形式で請求されます。モデムに無線LANカードを差し込む使用方法だと、重ねて、無線LANカードの賃料が要求されます。
そう言う訳で、無線LANカードの返却を行って、自分で無線LAN機器を用意した方が安上がりです。光回線の申し込みを行う際には、代理店を通してプロバイダと契約を行います。この仕組みがちょっと分かりづらく、同じ代理店を窓口にした契約であったとしても、選択したプロバイダによって契約条件が異なります。それはキャンペーン特典内容にも該当する事で、キャッシュバック額も選択したプロバイダによって違います。
更には、キャッシュバックが貰える条件もプロバイダによって異なりますから、総括的に考える必要があります。光回線サービスのキャンペーン特典を利用する際の条件として、即日申込完了と言うものが定められている事があります。
これって一体何かと言うと、その代理店へ一度でもお問い合わせを行った際に、その日の営業時間内で契約まで済ませると言う事を意味します。
この縛りがあるので、問い合わせ客は連絡する事によってその代理店のサービス情報を入手後、検討する時間に期限が定められる事となります。
お問い合わせ後の見込み客があれこれと迷って、結局のところ決断出来なくなると言うケースを減らす為の仕組みと言えるでしょう。
光回線サービスのキャンペーンの特典には、豪華でお得なものが沢山揃っています。そんな光回線サービスのキャンペーン特典の中には、10万円を超える現金還元を掲げているプロバイダもあるので驚きです。
だけれども、光回線は東日本と西日本とでキャンペーン特典の内容が異なったりとか、マンションタイプと戸建タイプとでキャンペーン特典の内容が異なると言う事だってあります。
キャンペーン特典は公平ではない事がありますから、その部分に関しては事前にしっかりと調べておくのが失敗しない手段だったりします。
光回線を取り入れる際、回線工事が問題となります。
回線工事日を選択して、工事には立ち合う必要があります。
そればかりか、回線工事には費用が必要で、毎月の月額料金に上乗せされます。
ただ、auひかりなら回線工事費分月額料金を割引きするキャンペーンを行っていますので、それを利用する事で負担を軽くする事が可能です。
光インターネットと言っても、色々な光回線サービスが存在します。有名なところで言うと、NURO光やビッグローブ光などが挙げられます。例として、auひかりならスマホとのセット割が評判ですし、NURO光だったら通信の速さが人気です。各社特長がありますので、しっかりと把握した上で光回線サービスをセレクトしたいものです。
インターネットサービスの契約には、契約期限があります。
契約期間が満了するまでに解約手続きを行なうと違約金が発生しますので、その部分に対しては要注意となります。
その契約期間に関してなんですが、厄介なのが自動更新型を導入している場合です。
自動更新型を採用しているケースは、決められた1ヵ月間に解約手続きをしなかった場合、自動的に契約期間が延びてしまいます。様々なプロバイダが光コラボレーションのサービスを行っていますが、そんな中にはSoftBank光と言うサービスもあります。
SoftBank光を光コラボレーションの契約先として選択する一番のメリットには、スマート値引が挙げられるでしょう。3Gケータイのデータ定額パックで契約中の方ならば毎月500円の割引きを受けられますし、5GBのデータ定額パック標準で契約中の方であれば2年間の月額料金が1522円割引きされ、3年目以後も1008円の割引きを利用する事が可能です。一方、10GBのデータ定額パック大容量で契約中の方ならば2年間2000円の割引きを受けられて、3年目以降も1008円の割引きを受ける事が出来ます。インターネットサービスの契約をした後は、無線LANルーターを所持しているととても便利になります。無線LANルーターがある事によってWi-Fi通信が行えますから、LANケーブルを使う事がなくなります。光回線サービスの申し込み時に無線LANカードがレンタルで付いて来ますが、これは月額料金にレンタル料金が加算されるのでお勧め出来ません。
代理店によって無線LANルーターをタダでプレゼントしているところもありますので、そう言うキャンペーン特典を活用するのも良いでしょう。
光回線のサービス元なのですが、各携帯会社もサービスに参入しています。
これらの携帯会社の強みは、スマートフォンやケータイとのセット割引きを展開している点にあります。具体例を挙げれば、auひかりでしたらauスマートバリューと言ったサービスを展開していますし、SoftBank光だってスマート値引きと言うキャンペーンを展開しています。
具体的な割引き額は、家族が所持する1端末毎の月額料金が2000円安くなると言った割引き内容になっています。

光回線サービスの契約の際は代理店選びを行

読了までの目安時間:約 6分

 

光回線サービスの契約の際は代理店選びを行なう訳ですが、その後はプロバイダ選びを行なうのが通常の手順です。
それぞれのプロバイダによって月額料金やキャッシュバックの金額が異なったり、有料オプションのサービス内容もプロバイダにより差があったりします。例を挙げれば、So-netはセキュリティサービスが評判のプロバイダで、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティが最大24ヵ月無料で利用出来るキャンペーン特典が付いて来たりします。
また、So-netやBIGLOBEだと出張サポートがタダになったりなど、さまざまなサービスの内容に差が出て来ます。BIGLOBE光サービスと申し込みを行なう時、いくつかバリエーションがあります。
従来の方式でしたら、フレッツ光回線の受付先としてBIGLOBEと言うプロバイダを利用する方式があります。他には、フレッツ光回線のサービスを卸したBIGLOBEが提供する光サービスを利用すると言った、転用と言う方式もあります。また、BIGLOBEが提供するauひかり回線サービスもまた、BIGLOBE光と言われるサービスとして売り出されているのです。
光回線の導入の際は、回線工事が必要になります。当然の事ですが、回線工事による費用が発生し、その費用は小分けで月額料金に上乗せされます。
なのですが、auひかりサービスのケースだと、回線の工事費分だけ月額費用を割引きする公式キャンペーンが行われています。
そう言う事ですから、それ故、回線工事費を負担しなくても良いようになります。光回線を販売している代理店は、高額なキャッシュバックで集客をしているとこが多いです。
ただし、あり得ない程提示されている金額が高額なとことなると、キャッシュバック額に他のキャンペーンの金額を上乗せして掲載されている場合もあります。
だから、代理店の中では、誇張広告などと批判されているところも見受けられます。
そのような中、NNコミュニケーションズだときちんと受け取れるキャッシュバック額を掲示していて、その部分が評価をされています。紹介キャッシュバックって言うキャッシュバックキャンペーンですが、結構高額設定されている場合が多いです。合わせて、紹介した人数に比例して金額が高額になる傾向にあります。
結論を言うと、可能な限り紹介すればするほどに、キャッシュバック額が大きくなると言う訳です。
とはいえども、営業マンでもない一般人がこのキャッシュバックを利用するのは、いささか難しいのが現実です。
インターネット回線の契約をする際、契約を結ぶプロバイダによっては、勝手に有料オプションに加入させられるパターンがあります。
そう言うプロバイダと契約を結んだ場合は、契約後に有料オプションの解除を行なう必要があります。最初の2ヵ月だけタダと言ったパターンもありますので、初めの利用料金のみ確認して安心していると、知らぬうちに課金されていたと言うパターンも耳にします。
最も悲惨なケースは、有料サービスに加入させられていたにも関わらず、サービスを一度も利用しないままに使用料金を請求されるパターンでしょう。光回線サービスのキャンペーン特典として一般的なものと言えば、月額料金の値引きキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンがあります。キャッシュバックキャンペーンの例で言うと、ギフトカードを使ったキャッシュバックやポイントでのキャッシュバック、現金キャッシュバックの三パターンあります。
月額料金の値引きキャンペーンにしろキャッシュバックキャンペーンにしろ、適用される為の条件が設けられている事が多いです。
具体的には、西日本の方だけだったりマンションタイプの方だけだったり、SOHOである事を適用条件にしている代理店もあります。
光インターネットサービスと一口に言っても、色々な光インターネットサービスがあります。
大手なとこで言えば、フレッツ光やビッグローブ光などが挙げられます。
例えば、auひかりならスマートフォンのセット割が人気ですし、NURO光でしたら通信速度の速さが人気です。
それぞれで特色がありますので、しっかりと把握した上で光回線サービスを選択したいものです。
光回線サービスで実施されているキャッシュバックキャンペーンは、代理店から支払われるものと、プロバイダや光回線サービス大元から支払われているものとがあります。
代理店から支払われるキャッシュバックは申し込む代理店によって金額が変動しますし、後者は公式キャンペーンと銘打ってキャッシュバックのキャンペーンが行われています。
それぞれで別々に支払われますので、支払いのタイミングが違います。
重ねて、キャッシュバックを受取る為の申し込み手続きや条件も異なりますので、そう言った部分への心掛けが必要です。
光回線を使用していて使い勝手の良さを特に感じるのが、インターネット上で配信されている生放送番組を視聴している時です。
リアルタイムでチャットにコメントを書き込める方式を採用しているケースが多いですが、その時に重要となるのが、通信の速さとなって来ます。モバイル回線を使用しているとこの部分が難点で、ちょくちょく動画が止まって、ディレイが発生する事もあります。そうなってしまったら、チャットと実際の配信映像との間にタイムラグが発生してしまい、問題が生じてしまいます。

光回線の契約で通信速度が向上したので、快

読了までの目安時間:約 6分

 

光回線の契約で通信速度が向上したので、快適性が大幅に向上しました。動画を観ながらデータのダウンロードを行っても、全くモタ付く感じがありません。
そんな事よりも印象を受けたのが、速度制限を気にする必要が無くなったと言う部分です。
スマートフォンの場合は7G制限が怖いですから、通信量が気掛かりになります。しかしながら、光回線を経由する事で心配が消えました。
各代理店ではキャッシュバック合戦が繰り広げられていて、少しでも高いキャッシュバック額を打ち出している代理店が人気だったりします。
でも、高額なキャッシュバックを受け取る為には有料オプションへの加入が必要だったり、数ヵ月後に申請を忘れずにする必要があったりして厄介です。
そのままキャッシュバックの金額を比較するだけの比較サイトは、インターネット上に沢山あります。
でも、そんなキャッシュバックの難易度まで考えられているサイトは、ビックリするくらい少ないです。
光回線サービスの行っているキャンペーンの特典は、豪華で魅力的なものが色々あります。
そんな光回線サービスのキャンペーン特典によっては、10万円を超える現金還元を打ち出しているプロバイダもあるので驚きです。ただ、光回線は東日本と西日本とでキャンペーン特典の内容が異なったり、マンションタイプと戸建タイプとでキャンペーン特典の中身が異なる事もあります。
キャンペーン特典は平等じゃない事がありますので、そう言う部分に関しては事前にしっかりと調べておくのが間違いない方法だったりします。様々なプロバイダが光コラボレーションのサービスを行っていますけど、そんな中にはSoftBank光と言うサービスもあります。
SoftBank光を光コラボレーションの契約先として選ぶ最大のメリットとしては、スマート値引と言うキャンペーンが挙げられます。
3Gケータイのデータ定額パックで契約中の人であれば月々500円の割引きを受けられますし、5GBのデータ定額パック標準で契約している人であれば2年間の月額料金が1522円割引きされて、3年目以降も1008円の割引きを利用する事が可能です。その他に、10GBのデータ定額パック大容量で契約中の方ならば2年間2000円の割引きを利用出来て、3年目以降も1008円の割引きを受ける事が出来ます。OCN光で光回線の申し込みをすることで、OCN モバイル ONEとのセット割引きのキャンペーン特典が付いて来ます。
OCN モバイル ONEと言うのは格安SIMカードを提供するサービスの事で、NTTドコモのXiエリアとFOMAエリアのそれぞれを利用する事が出来ます。データ通信専用SIMを利用する状態であれば月額900円から、音声対応SIMであれば月額1600円からサービスを申し込む事が出来ます。
一日に利用するデータ量ごとに6種類の料金プランが用意されていますから、ご自身に沿った料金でサービスを利用する事が出来ます。
光回線を提供している代理店では、高額なキャッシュバックで集客を行っているところが沢山あります。
ですけれども、あまりにも提示されている金額が高額な代理店となると、キャッシュバック額に他のキャンペーンの金額を上乗せして表示されている場合もあります。ですので、代理店により、誇張広告なんて批判されているところも見受けられます。そんな中でも、NNコミュニケーションズだと確実に貰えるキャッシュバック額を表示していて、その部分が評価をされています。BIGLOBE光サービスと契約をする時、複数種類がある事にお気付きでしょうか?今までのものですと、フレッツ光サービスの受付先としてBIGLOBEと言うプロバイダを利用する形式があります。
他には、フレッツ光回線のサービスを卸したBIGLOBEが管理する光サービスを使用すると言った、光コラボレーションと言う形式も存在します。更には、BIGLOBEが管理しているauひかり回線のサービスもまた、BIGLOBE光と言うサービスとして売り出されています。光回線を使用していて利便性をひときわ感じるのが、インターネット上で配信されている生放送番組を観てる時です。
リアルタイムでチャットにコメントを書き込める方式を導入しているパターンが多いですが、その時にポイントとなるのが、通信の速さとなります。
モバイル回線を使用しているとここが問題となって来て、ちょくちょく動画が止まって、ディレイが発生するケースも起こり得ます。そしたら、チャットと実際の映像との間にタイムラグが発生してしまい、支障が出てしまいます。インターネットサービスの契約の際には、契約期間があります。
契約期間が満了するまでに解約手続きを行なうと違約金が発生しますので、その点に対しては要注意となります。
この契約期間に関してなんですけど、厄介なのが自動更新型を採用してる場合です。
自動更新型を採用しているケースだと、決められた1ヵ月の間に解約手続きを行わなかった場合、自動的に契約期間が延長されてしまいます。光インターネットとひとえに言っても、多様な光回線サービスがあります。
大手ドコロで言うと、NURO光やビッグローブ光などが挙げられます。例として、auひかりならスマートフォンのセット割が人気ですし、NURO光だったら通信速度の速さが人気です。
各社特徴がありますので、きちんと把握した上で光回線サービスを選択したいものです。

光回線の特徴は、安定的なインターネット

読了までの目安時間:約 6分

 

光回線の特徴は、安定的なインターネット通信を行なう事が出来る点にあるでしょう。モバイル回線のような不安定性はありませんので、一度に複数の通信を行なう使用法でも大丈夫です。
通信の速さも徐々に向上して行き、1Gbpsと言う通信速度でさえ遅いと思ってしまうサービスも登場し始めています。
すでにオーバースペック気味ですから、通信速度で悩む事はありません。
光回線のサービスを提供する各代理店への申し込みの際に付いて来るキャッシュバックキャンペーンの金額ですが、各プロバイダ毎に大きな差がありますから、その秘密が何なのかが気になるところです。この理由の一つに、キャッシュバックが貰える前提としての有料オプションへの加入条件があります。高額なキャッシュバック額をキャンペーン特典として公表している代理店の場合、前提要件として沢山の有料オプションへ加入しなければならない場合があるのです。
色々な有料オプションの使用料金が月額料金に上乗せされるので、結局は損をしてしまうと言った場合だって普通にあり得ます。
光回線の契約をする際、申し込むプロバイダによって、半強制的に有料サービスに加入させられるケースがあります。
そう言うプロバイダと契約を結んだ場合は、契約後に有料オプションの解除を行なう必要があります。
最初の2ヵ月だけ無料と言ったパターンもありますので、一番最初の利用料金だけ確認して安心していると、知らぬうちに課金されていたと言ったパターンもあります。
最も悲惨なのは、有料サービスに加入させられていたにも関わらず、サービスを一度も利用しないままに使用料金を請求されるケースでしょう。インターネットの申し込みをすると、それぞれの代理店で色々なキャンペーン特典を用意しています。
キャッシュバックキャンペーンが多いですけど、その他にも様々なキャンペーン特典が展開されています。具体的に言うと、タブレットの無料プレゼントキャンペーンを実施しているとこもあります。その他には、パソコンのプレゼントキャンペーンを行っている所さえもあります。光回線の特典として行われているキャッシュバックなのですが、それぞれの代理店によって受け取る手段が違います。最も多い方法が、申し込みから数ヵ月後に送られて来るメールに従って手続きをして、そこで銀行口座情報を登録すると言うパターンです。
それよりか大変なのが、FAXを使って銀行口座に関する情報を送信すると言う方式を採用しているところです。
その上、銀行口座情報や関係書類を郵送しなければならないと言う方式を導入している代理店もあります。光回線サービスの契約を行なう際、チョイスした代理店によって異なるキャンペーン特典が付いて来ます。中でも人気なのが、現金払戻特典です。
回線工事から一定期間が経過してから、条件に応じた金額分だけ、払戻金が貰えると言うものです。結果的に安くサービスの利用が出来るので人気なのですが、貰えるまでの手続きのハードルが高い点がトラブルの元にもなっています。OCN光で光回線の申し込みを行なうと、OCN モバイル ONEとのセット割引きのキャンペーン特典が付いて来ます。
OCN モバイル ONEとは格安SIMカードを提供するサービスで、NTTドコモのXiエリアとFOMAエリアを利用する事が可能です。
データ通信専用SIMを利用する状態であれば月額900円から、音声対応SIMならば月額1
600円からサービスを利用する事が出来ます。一日に使用するデータの通信量ごとに6種類の料金プランが用意されていますから、ご自身に沿った料金サービスを利用する事が出来ます。
光回線を使用していて使い勝手の良さを特に感じるのが、インターネット上で配信されているネット放送番組を視聴している時です。リアルタイムでチャットにコメントを書き込める方式を採用しているケースが多いですが、その際にポイントとなるのは、インターネット回線の通信の速さとなって来ます。モバイル回線ユーザーにとってはここが難点で、度々動画が停止して、ディレイが生じる事もあります。
そうなると、チャットと実際の映像との時間にタイムラグが生じてしまい、問題が出てしまいます。フレッツ光サービスには、光コラボレーションもしくは転用と言うサービスがあります。
光コラボレーションと言うシステムを用いる事で、元々はフレッツ光とプロバイダの両方に使用料を支払っていたものを、プロバイダだけに絞る事が可能になります。出費を減らす事が出来ますし、光コラボレーションに申し込む事によるキャンペーン特典を貰う事が可能です。
光コラボレーションはフレッツ光と契約時の回線をそのまま流用しますから、再びの回線工事は不要で、乗り換えに伴う違約金も発生しません。
光回線サービスと申し込み時は様々なキャンペーン特典が付いて来ますが、その中においてもキャッシュバックキャンペーンが一般的です。
キャッシュバックのキャンペーンの中には、JCBギフトカードをプレゼントする形式でのキャッシュバックを行っている所もあります。商品券は対応している店舗でしか利用出来ませんし、お釣りも出ません。
その分郵便利用が出来ると言うメリットがありますから、手続きいらずで間違いなく貰えると言うメリットがあります。

1 2 3 5